電子ビーム溶接という言葉をご存知でしょうか。

これは溶接の方法の一つで、陰極をフィラメントで加熱することによって放出される熱電子を利用し、電圧差で作った電磁場を利用して溶接の対象となる物体に衝突させたときに生じる熱を利用するのです。

電子の運動エネルギーを利用するのが電子ビーム溶接です。

電子ビーム溶接の特徴として挙げられるのが真空中で溶接を行うということです。

これはビームの拡散を防ぐことによって100%そのエネルギーを部品に集中させることができるようになっています。

溶接による歪みがおきにくく精度の高いものになります。

真空中で溶接を行うため酸化の心配もなく、チタンなどの活性金属の溶接も簡単にできるようになるのです。